アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
御茶ノ水に八重山!?★Warung002
2008/06/22 23:14 [Sun]
category:Warung(店紹介)
街にアジアや南の島系の店ができるだけで、本来、必要だった選択肢の一つが取り戻せたような気持ちになって何だか嬉しい。オリオンビールの話を書いたところ、これまたSotoAyamさんから、東京・御茶ノ水に毎週土曜日だけオープンする「八重山バー」をご紹介いただいた。

八重山バー こがめ
kogame

沖縄・八重山をこよなく愛するスタッフによる、八重山感覚、八重山価格で呑めるお店。お酒はオリオンビールと八重山の泡盛オンリー。八重山直送の食材を使った料理も楽しめるそう。

soba.jpg 
八重山そば(写真はイメージ)

週末、自宅でミミガーチップとオリオンを飲みながら、沖縄・南国慕情を何とか紛らわせている・・・というような都会に潜む沖縄・八重山ファンには超おススメ。また、沖縄・八重山未体験という人でも、気軽に、リーズナブルに八重山感覚を味わえる。近所にあったら毎週行ってしまいそうだ。

<お店の情報は以下>

★住所:千代田区神田淡路町1-15 藤掛ビル1階 (千代田線:新御茶ノ水駅のすぐ)
(新宿線:小川町、丸の内線:淡路町、JR御茶ノ水からも徒歩すぐ。)

★営業日時:毎週 土曜日のみ 18:30~閉店時間未定(23時くらい)
※平日は、洋酒がメインのバーBar Cocopelli(ココペリ) 月~金17:00~23:00L.O. 土日祝休

★料理メニュー/たとえば2008年6月7日(土) のメニューはこんな感じ・・・美味そう。

・石垣牛ハラミ焼 \1,000
・石垣牛100%ハンバーグ \500
・石垣産黒まぐろ刺 \1,000
・島どうふの長命草風 \250
・島どうふのたにわたり風 \250
・ゆしどうふ \250
・ゴーヤの和え物 \250
・島らっきょうの和え物 \250
・ゆでピーナッツ \500
・八重山そば \500
・ナッツ&黒糖 \250


※八重山直送食材のため、メニューや金額は状況次第で変わるようです。
スポンサーサイト

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

タグ : 沖縄 八重山 こがめ

trackback --    Comment(2)
葛城山には何がある?その2★Warung001
2008/05/29 08:40 [Thu]
category:Warung(店紹介)
前回、ちょっとおどろおどろしい葛城山の側面を書いたが、先住民、王朝、修行場・・・と歴史を刻んでいる場所というのは、それなりに人の気持ちを引付ける「何か」があるということだと思う。葛城高原は今では自然がいっぱいのレジャースポットだ。とりわけこの季節におススメの店を1軒。こちらも葛城ロープウェーのふもとの乗り場から車で10分圏内。

ラッテ高松 
葛城市山口278-3 TEL:0745-62-3953
エントランス
イートインスタイルの乳製品の店。オーナーの高松久仁子さんは40年前に北海道で飲んだ牛乳の味に感激して酪農業をはじめられ、今では牛乳を使ったさまざまな製品もたくさん販売している。
ヨーグルトやアイスクリーム、モッツアレラチーズはどれも他所では食べられないフレッシュな美味しさ。アイスクリームは種類も豊富な上に季節限定の味もあって、選ぶのに苦労する。シフォンケーキなどのケーキ類やパン、ジャムやはちみつ、時には採れたての野菜なども販売しているから、帰りは両手に荷物状態になることも・・・。

店内とテラスでは、その場でラッテ高松の味を楽しめるスペースもある。
テラス席2 テラス席3 オープンテラスは快適
 
モッツアレラチーズたっぷりのピザやお好み焼き。また、材料を持ち込めばバーベキューもできる。乳搾りや、バター、アイスクリーム作りなども体験できるので(要予約)ちびっ子にも人気。
葛城山のふもととはいえ、国道や南阪奈(葛城IC)からのアクセスも簡単なので、新鮮で美味しい牛乳や乳製品が食べられるとあって、遠方からやってくる人も多い。

お店のすぐそばにある牛舎も自由に見学可能。
子牛 この日は産まれて間もない子牛に写メ隊が集中

ラッテ高松HPはこちら。クール便でお取り寄せも可能。
・高松さんが酪農を始められた詳しい経緯やこだわっておられる点などについては、少し前のものかと思われるが以下の記事に詳しい。
奈良新聞連載 出会いの大和の味

テーマ:お店紹介 - ジャンル:グルメ

タグ : 葛城 ラッテ高松

trackback --    Comment(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。