アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
日本の放浪芸05★Movie030 
2009/01/03 16:22 [Sat]
category:Movie
あけましておめでとうございます。
目標の300記事エントリーまであと100とちょっと。
「ん?投げ出したか?」と思われるほどの更新頻度ですが、続けます!

さて、昨年後半から気になっていろいろと調べ始めた「日本の放浪芸」。
百聞は一見にしかずということで、滋賀県の愛知川で毎年元旦に山本源太夫社中の舞始めがあるという情報を入手し、31日から愛知川へ。
以下、YouTubeにアップしたオリジナル映像。
(最初の方は早朝5時過ぎということもあり、かなり暗いですが、徐々に明るくなります。最後までヘボヘボの映像ですが・・・)。



早朝5時過ぎに社中の一行は宿の味吉屋を出発し、笛や太鼓を鳴らしながら宿場のほぼ中央にある八幡神社へ。一行は神社で参拝をしたあと神楽を奉納し、その後、3班に分かれて夕方まで愛知川の家々をまわるのだが、最初の辻では、悪魔祓いの舞いを行うなど、日本の芸能もバリ島で見た悪魔祓い同様、本来はそういったものだったのか・・・と実感。

雪の中、社中の一行は、宿場の町を颯爽と歩く。

不幸ごとがあった家は玄関の鍵を閉めているが、そうでない家は、鍵をかけていないので、社中一行は笛や太鼓を鳴らしながら「おめでとうございます~」とやおら入っていく。

家人に祝詞を唱えたり、子どもがいる家では、獅子が子どもの頭にパクリとかぶりついた後、その家の依頼に応じて玄関先で舞い踊る。

次ぎの日は隣り町へ、そして次の日・・・と移動して回るのだという。
スポンサーサイト

タグ : 放浪芸 伊勢大神楽 愛知川 悪魔祓い

trackback --    Comment(0)
翁舞@奈良豆比古神社★SF013
2009/01/03 21:19 [Sat]
category:Space&Faith(奈良)
昨年10月8日に見に行った、奈良豆比古(ならづひこ)神社の翁舞。
以下、YouTubeにアップしたオリジナル映像。
見どころがいまひとつピンとこなかったので、冗長な編集になってしまったが・・・。



現在の翁舞は、いわゆる式三番で、前謡・千歳の舞・太夫の舞・太夫と脇二人の三人舞・三番叟の前舞・千歳と三番叟の問答・三番叟の後舞となっている。毎年9月21日夜にその年の役が決められるが、千歳は男児が務めることになっている。
(中略)
こうした式三番の形式を整えたのは、吉野時代から室町時代であるといわれている。
現在神社には、翁面をはじめ多くの室町面が残っていて奈良国立博物館に保存されているが、その中にベシミ面「応永廿年(1413)二月廿一日」の刻銘のあることや古い衣裳などからすると、この翁舞はすでに室町時代から行われていたことは明らかである。
翁舞いの詞は口伝えであり、舞や演じ方も直伝である。
(翁講・翁舞保存会発行のパンフより引用)



奈良豆比古神社は、奈良市の奈良阪町にポツンとある神社なのだが、本殿の裏側にご神木があり(映像最初の方にスナップ)、これがなかなか霊気を漂わせている。

奈良豆比古神社の場所などはこちら

TV番組で放送された「奈良豆比古神社」の映像がYouTubeに。翁舞は本殿に向かって演じされるので、観客はどうしても後ろからしか撮影できないのだけど、こちらはさすがに正面からバッチリ。解説付き。
YouTube

奈良豆比古神社や翁舞については、また追々。

タグ : 奈良豆比古神社 翁舞 神木

trackback --    Comment(3)
八大龍王祭★SF014
2009/01/04 00:29 [Sun]
category:Space&Faith(奈良)
オリジナル映像3連発目。

当ブログでもおなじみの天川村。洞川の大峯山龍泉寺で、2008年10月12日に斎行された『八大龍王大祭』の映像。映像は19:00頃から行われる柴燈護摩供から。護摩供の後に火渡りが行われるのだけど、行者たちだけでなく信者、観光客も護摩で炊かれた火の上を渡る。せっかくなので、渡っておけばよかったなぁ・・・と後悔。



このお祭の由縁など、詳細は調査中だが、午後にはもちまきなどもあり、今では宗教色は若干薄いように思った。
とはいえ、10月というのに、キンと冷えた天川の夜空に立ち上る炎と煙、般若心経の大合唱は迫力がある。

大峯山龍泉寺は、これまた当ブログでおなじみの「役行者」と縁の深い寺。
こちらのサイトに詳しい。
役行者霊蹟札所会:龍泉寺

また、リンクをはらせていただいている「お手軽秘境探検隊~関西の絶景スポットレビュー」でも龍泉寺を紹介されています。写真がステキです。
大峰山の玄関口 ~龍泉寺とかりがねの橋~

タグ : 天川 洞川 大峯山龍泉寺 八大龍王祭

trackback --    Comment(0)
日本の放浪芸06★Movie031
2009/01/13 00:03 [Tue]
category:Movie
こんな放浪芸を見てきたよ、と某氏から映像を提供いただいて、YouTubeにアップ。
西宮神社の百太夫神社祭(1月5日)での「箱廻し」。いわゆる「人形つかい」。
商店街の果物屋で門付けする様子から神社境内での催し物。



先日の1月10日も笹を手にした人を街中でたくさん見かけたが、「商売繁盛」といえば「えべっさん」で、関西の有名どころとしては西宮神社(西宮えびす)と今宮神社(今宮えびす)だろうか。

このえびす信仰、元々(室町時代頃から?)、西宮の散所村に住んでいた人形遣いたちが、えびす信仰を人形操りに託して全国を放浪して広めたと言われている・・・らしい。
人形遣いが、その祖神として崇めた百太夫神を祀る「百太夫神社」は元々散所村(現・西宮市産所町)にあったものを、天保10年(1839年)西宮神社境内に移設。現在、散所村の跡地には記念碑と人形遣いの銅像が建っている。

映像は、お祭の出し物として「阿波木偶箱廻しを復活する会」の方が演じておられるもの。HP→「阿波木偶箱廻しを復活する会

えべっさん信仰とは?箱廻し、傀儡師、人形・・・気になるキーワード満載だが、また追々。

タグ : 箱廻し 傀儡師 西宮神社 えびす信仰

trackback --    Comment(0)
巻く★雑貨029
2009/01/25 00:10 [Sun]
category:Pasar1(雑貨)
寒いのが苦手なので、冬場はダルマ化するほど着こんでしまうのだけど・・・
マフラー、ショール、ストール



クロシェットコサージュマフラー  5,775 円(税込)


アルパカ・フリンジ・ミニショール 8,295 円(税込)


フリルのふんわりストール 3,750円 (税込)


手織り手刺繍ウールストール 12,600円 (税込)

タグ : マフラー ショール ストール

trackback --    Comment(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。