アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
道教の美術展★Topics011
2009/06/26 01:03 [Fri]
category:Topics
自分のブログに、1ヶ月以上更新していないブログにはられるAdsをみて愕然・・・。
更新できない事情ってのもあるんだけどなぁ・・・

役行者
(画像は三井記念美術館HPより借用)
重要文化財/板絵役行者像/鎌倉・元徳3年(1333)/輪王寺(りんのうじ)蔵

こういうのを見ると、役行者も日本の歴史上の人物として、普通に位置づけられないほうが不自然だと思う。ということで、ひとまず、7月東京三井記念美術館を皮切りに、大阪(大阪市立美術館)と長崎(長崎歴史文化博物館)を巡回する展覧会「道教の美術 TAOISM ART」 は、見ないと損する展覧会だと思う。

三井記念美術館
2009年7月11日(土)~9月6日(日)

特別展 知られざるタオの世界
「道教の美術 TAOISM ART」
-道教の神々と星の信仰-

大阪市立美術館
2009年(2009)9月15日(火)~10月25日(日)

「道教の美術 TAOISM ART」
-道! 老子から始まる終わり無き旅-

長崎歴史文化博物館
2010年1月23日(土)~2010年3月22日(月)

「道教の美術 TAOISM ART」

道教というだけで難解な上に、道教の美術となると一体なんやねん?と思うが、この企画展の中心となっている大阪市立美術館には、これまで美術品として扱われてこなかった変なものを含めてとんでもない数の道教美術が出展されるらしい・・・。

本展は、日本と中国の文化に深く根ざす「知られざる道教の世界」をメインテーマとする、日本ではじめての展覧会です。
道教とは、道(タオ)を説き不老長寿を究極の理想とする中国でうまれた宗教です。老子をその祖として崇め、神仙思想や風水や星宿、易学をはじめとする古代の思想や信仰・神話、そして仏教をも取り込みながら発展し続けてきました。現代も中国の人生観や世界観の根幹をなし、東アジアの思想や文化、芸術のベースとなっています。
道教に関わる美術はその思想と同様に多種多彩です。老子や仙人、北斗七星といった星座を擬人化した図像、閻魔王に代表される道服を身に着けた地獄の裁判官。さらには陰陽道でも用いられた呪符・まじないや占い、そして現在も信仰をあつめる関帝や媽祖などなど。難解でつかみどころがないような道教ですが、今日の日本でもその影響は色濃くみられ、浦島太郎、七夕やお中元、妙見や庚申といった慣れ親しんだ物語や習俗、信仰も実は道教にルーツがあります。
いつの時代にも中国から日本へと無限の広がりをみせ、気づかぬうちに私たちの生活にまで浸透していた道教の世界。本展ではこれまで埋もれていた中国や日本の絵画・書・彫刻・工芸作品を近代にまで時代をひろげて、日本各地から約300件結集させ、わかりやすくご紹介いたします。
是非この機会に「道教の美術」という古くて新しいジャンルにふれ、案外身近にある道教の世界を感じてください。

大阪市立美術館HPより引用)


スポンサーサイト

タグ : 役行者 大阪市立美術館

trackback --    Comment(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。