アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
奈良民俗行事ガイド★Book029
2009/10/13 23:28 [Tue]
category:Book
奈良の年中行事を、月ごとに日程が早い順で紹介。いい本。

表紙
奈良大和路の年中行事
写真・文 田中眞人 
淡交社 2009.10.10

著者HP 「ならグルグル散歩
淡交社HPでの本書紹介ページ

祭の謂れや儀礼の詳細、丁寧なマップ付。公共交通機関によるアクセス方法も。
奈良のお祭として有名なものもあるが、初めて知ったものがほとんど。
カラー写真もたくさん掲載されていて、見ているだけでも楽しいが、
「実際に見てみたい!」と思わせる。著者に敬意。

カバー(表)の写真は、以下。
浄見原神社国栖奏(吉野町南国栖)
當麻寺聖衆来迎練供養会式(葛城市當麻)
念仏寺陀々堂鬼走り(五条市大津町)

ちなみに裏は
金剛寺御朝拝式(川上村神之谷)。セレクトが渋い!!
川上村は、かつて後南朝の御所があり、南朝の皇統が潰えた後も、親王を守っていた人たちは、在りし日のままに新年を賀する御朝拝の儀式を現在に至るまで続けている。

裏

スポンサーサイト

タグ : 川上村 奈良 田中眞人 奈良大和路の年中行事

trackback --    Comment(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。