アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
世界の音を訪ねる★Book009
2008/06/27 22:15 [Fri]
category:Book
久保田麻琴さんのCDを書いたので・・・

世界の音を訪ねる―音の錬金術師の旅日記 (岩波新書)世界の音を訪ねる―音の錬金術師の旅日記 (岩波新書)
(2006/04)
久保田 麻琴

商品詳細を見る


岩波新書初のCD付。前半は文字通り久保田氏の音楽旅日記。(雑誌『ラティーナ』掲載を大幅加筆)。後半は田中勝則氏がインタビューで久保田氏の音のルーツに迫る。

前半は個人的に各地域の音楽知識が乏しいこともあり固有名詞につまづいて読み辛かったが、後半のインタビューは面白かった。もちろん音楽の話だけど、文化・芸能伝播のバリエーションをどう見るかという視点で読んでも楽しい。以前の記事(ダンドゥット★CD006)で書いたエルフィ・スカエシのアルバム作成時のエピソードも。

ところで・・・

私のこういった音楽との特殊な出会いを知った前任担当者が考え出した”音の錬金術師”というサブ・タイトル。人との偶然を超えた出会い方のみならず、和声から旋律をひねりだすといういわゆる職業音楽家的な作曲方法とは違う、多分に無意識的な私の音楽制作方法、つまりリズムと音の響きの組み合わせから、むしろ音の道を自然に浮かび上がらせるという作・編曲の手法からもその言葉、”錬金術師”は適切なものだったかもしれない。・・・(あとがきより)


確かに、インタビューを読むと、氏のどんな音楽との出会い方も特殊に映るが、常に柔軟なスタンスであれば、むしろ氏の出会い方の方は自然。発信にも「誇大妄想的ホラが混じる」と自身でも言うが、それを受け入れない(受け入れることができない)土壌も問題と思う。

本書にも出てくる久保田氏関連映像YouTube上にもたくさんあるが、とりあえずチャンプルーDKI


Kopi Dangdut/Campur DKI

以下本書目次。
第1部 旅する錬金術師
1 ブラジルのアフリカ/ブラジルのヨーロッパ――レシーフェのカルナヴァル
2 天然トランスは世界を魅惑する――モロッコのグナワ・フェスティバル
3 ワールド・ミュージックの交差点――WOMAD in シンガポール、スリランカ2005

第2部 ただごとではない音楽を求めて――聞き手 田中勝則
アジアのプロジェクトはどうスタートしたか/曲のよさから入る/ロックの頃/もっとディープなロック、ブルース、アメリカへ/ハワイ、沖縄、アジアの入り口/ロックの終わりのころ/インドネシア、シンガポール/「濃い」日本の歌謡曲の力/イージー・リスニングのソウル/マルチ・ルーツな古層はただごとでない/歴史の文化の要素のケミストリー/混交する芸能のセンター・オブ・エイジア、シンガポール


しかしながら、久保田麻琴を知らず、新書という装丁とタイトルから、ワールドミュージックを手っ取り早く総覧できる本、あるいは民族音楽学系の本と思って買った人にはこれまた酷評必至(アマゾンで一部酷評)。
錬金術師と名づけたり、キャッチーで売らんかなのタイトルは著者の本意ではなさそうで気の毒。
スポンサーサイト

タグ : 久保田麻琴 ワールドミュージック

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。