アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
Kopi Dangdut★Movie018
2008/06/28 23:23 [Sat]
category:Movie
引き続き久保田麻琴さんだが・・・

前回、画像を上げたチャンプルーDKIをプロデュースしたのが1992年。
アルバムは、[チャンプルー・DKI/ダンドゥット・オア・ノット?]

Kopi Dangdutはインドネシアで大ヒット。カバーも何十種類も出ており、今やインドネシアのフォークロアソングの域だ。またこのヒットをきっかけに、当時、瀕死の状態にあったダンドゥットというインドネシアの代表的な大衆音楽をよみがえらせるきっかけにもなっている。
また、同じ頃、アジアの大御所的ミュージシャンをプロデュースして、ワールドミュージックとしてヨーロッパなどのマーケットへ展開させる手法なども提示した。大衆音楽のヴァルター・シュピースとも言えるような久保田氏の業績は、もっと評価されるように考えていきたいと思う。

また、個人的には久保田氏の業績を追うことで、1970年代にデビューした、個人的に影響を受けているミュージシャンとアジアの好奇心の謎をつなげられそうな予感もある。(過去記事:inspired '70s★TP011inspired'70sその2★CD007)いずれにしても、おりにふれ、このあたりをウロウロしてみようと思う。

Kopi Dangdut 歌いたくなりませんでしたか?こちらはマレーシア(?)の歌手が歌っているヴァージョン。

kopi dangdut

歌詞もつけておきます。

Kopi Dangdut

Kala kupandang kerlip bintang nun jauh disana
Saat kudenger melodi cinta yang menggema
Terasa kembali gelora jiwa mudaku
Karna tersentuh alunan lagu semerdu kopi dangdut

Api asmara yang dahulu pernah membara
Semakin hangat bagai ciuman yang pertama
Detak jantungku seakan ikut irama
karna terlena oleh pesona alunan kopi dangdut

Irama kopi dangdut yang ceria
Menyengat hati menjadi gairah
membuat aku lupa akan cintaku yang telah lalu

Api asmara yang dahulu pernah membara
Semakin hangat bagai ciuman yang pertama
Detak jantungku seakan ikut irama
Karna terlena oleh pesona alunan kopi dangdut

Dag dig dug detak jantungku
Ser ser ser bunyi darahku

Na na na
Mengapa kamu datang lagi menggodaku
Dulu hatiku membeku
Bagaikan segumpal salju

Ku tak mau peduli
biar hitam biar putih
Melangkah berhati hati
Asal jangan nyebur ke kali


ところで、思い返すと、そもそも、なんとなくとっつきにくかったダンドゥットに導いてくれたのは、ブログをはじめてから読ませていただいているシャケさんのブログがきっかけ。久保田麻琴さんは知っていても、このきっかけがなかったら、こういう形で久保田氏を考えることもなかったかも・・・。シャケさんに改めて感謝!
スポンサーサイト

タグ : 久保田麻琴 ダンドゥット 1970年代 ヴァルター・シュピース

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。