アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
アジアのドライブ★TP001
2008/03/19 13:07 [Wed]
category:Time & Place
アジアでドライブする時はこの1曲。というのは、人それぞれ、またその時の気分や同行者にもよると思うのだけど・・・個人的にはコレかな?


★TP001
You can get it if you really want/Jimmy Cliff
Attention! The YouTube poisoning


アジアへの好奇心が高まって、ここには全てそろっている。何でもできる。そんな気分を盛り上げてくれる。なので、日本で聞くと、アジアに行きたくて、いてもたってもいられなくなる。

初めてアジアを訪れた年頃に、ある人から進められてCDを借りたのが最初。だから、当時のやんちゃな感性に響いた・・・という単純な理由かもしれない。とはいえ、いつ聞いても名曲であることに変わりはない。

映画のサウンドトラック所収。「Many Rivers to Cross」も(泣)。

The Harder They Come (1973 Film)The Harder They Come (1973 Film)
(1990/10/25)
Jimmy Cliff

商品詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ:YouTube Music Video - ジャンル:音楽

タグ : ジミー・クリフ ドライブ

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。