アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
バナナの蜜★Book010
2008/07/01 15:48 [Tue]
category:Book
イラストレーター 下田昌克さんのバリ島スケッチブック

バナナの蜜―下田昌克バリ島スケッチブックバナナの蜜―下田昌克バリ島スケッチブック
(2007/09)
下田 昌克

商品詳細を見る


バリ島がなぜ面白いのか、なぜワクワクするのか・・・著者の好奇心の赴くままを、人物のスケッチ(色えんぴつ画)と写真のコラージュ、コラム、Cafe LotusやTutumakのビルに書いたメモなどでぎゅっと詰めこんだ1冊。(幸いこの画像には無いが、書店ではこれまた売らんかなの心無い帯がついているのが悲しい・・・)

ときどき、島ぐるみでだまされているような気がする。
昼間、普通に暮らしている人たちが、夜になると正装してガムランを演奏していたり、小さなものから大きなものまで町じゅうが飾り立てられていたり、いきなりゴーストの話が出てきたり。

この島全体で演じられている芝居のなかに紛れ込んでしまったような気がする。(本文より)



shimoda
↑画像クリックで下田昌克オフィシャルサイトへ
スポンサーサイト

タグ : 下田昌克 バリ島 バナナの蜜

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。