アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
鶏に賭ける★Movie018
2008/07/03 18:26 [Thu]
category:Movie
『賭ける魂』からバリ島の闘鶏へ。オチまでついた面白い映像。


Fighting Fowl
Attention! The YouTube addict.

闘鶏は、バリ島では「タジェン(Tajen)」。
この映像のタジェンは単に娯楽のようだが、「不浄な大地に血を流すことによって土地が回復する」(コバルビアス『バリ島』)と考えられるため、バリ島の大きな儀礼の際にはタジェンが行われる。サクリファイス。

映像のおっちゃんたちの表情を見れば一目瞭然だが、「バリでは、闘鶏は男の大多数が熱中する娯楽としてのギャンブルである」(ベイトソン&ミード『バリ島人の性格―写真による分析』

インドネシアでは賭博は法律で禁じられているが、この映像のように、日々の娯楽としてタジェンやボラ・アディルと呼ばれるルーレットのようなモノなどもあり、バリ島の男達は小額のお金を賭けて楽しんでいる。

タジェンの実際については、Apa?の極楽通信・ウブドにも詳しい。

さて、テリトリーを犯されることを嫌う鶏の習性を使った闘鶏はアジア地域のみならず世界的に見られるようで、YouTube上にもたくさんの国々の闘鶏の映像があがっている。
で、まだネット上をいろいろ調べた限りだが、かつては日本でも平安時代以前から神事や吉凶を占うために「鶏合せ」と呼ばれて闘鶏が行われていたそう。貴族の間で流行し、庶民にも広がって次第に賭博性が高くなったため禁じられるようになったとか、ならんとか・・・。闘鶏神事を今も行う神社もいくつかある様子。

正確なところがネットの二次情報だけではつかめないのだが

鶏=「時」を告げる生き物=神聖


というシンボリズムはゆるぎなさそうだ。

あ、そうか、だから生玉子は・・・。(過去記事:生玉子かけご飯なんて!★Movie015
そもそも、生食に限らず日本で鶏肉、鶏卵を食べるようになったのも比較的新しい食文化のよう。生玉子かけご飯を食べるようになった頃に、日本人の何か大事なものが壊れたのやもしれん。
また追って調べてみます。
スポンサーサイト

タグ : バリ島 闘鶏 鶏合せ タジェン 生玉子

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。