アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
旅に出たい!★Book012
2008/07/05 21:42 [Sat]
category:Book
先に書いた『賭ける魂』 (講談社現代新書 1942)で植島啓司氏は、ギャンブルでも日本人は負けを極端に恐れる国民性があり、人生においても「一度レールを外れたら二度とまともな生活に戻れない」という強迫観念がだれの心をも支配していると言う。続けて

 1950年代から60年代は、ほとんどの人々がまだ貧しいままだった。しかし、それでもどこかに希望を抱いていた。ところが、1990年代から現在に至るあいだ、それ以前と比較したら飛躍的に豊かになったにもかかわらず、多くの人々の心は病んでしまっている。それではいったいわれわれはどうしたらいいのだろう。いまだ処方箋はみつかっていない。ただ、そのためにできる簡単な方法がひとつある。旅をすることだ。
(中略)
 自分をマイナスの状態におかない限り、何も外側からは入ってはこない。虚勢を張ってはいけない。いつも満ち足りている自分を標準だと思ってはいけない。失って得られるものは大きいのだ。旅をするというのも自分のステータスをいったん手放すということである。入院するというのも単に悪いことばかりではない。・・・(『賭ける魂』より)



久しぶりに少々厄介な迷いを抱えてしまい、無性に旅に出たい心境。できれば下田昌克さんの『PRIVATE WORLD』のような旅がいいなぁ(笑)。

PRIVATE WORLDPRIVATE WORLD
(2002/04)
下田 昌克

商品詳細を見る


中国、チベット、ネパール、インド、ヨーロッパとスケッチブックを片手に3年間、いきあたりばったりの旅日記。内容はもちろん、出版化の過程もとてもデリケートに作られたことが伝わってくるステキな本です。
スポンサーサイト

タグ : 植島啓司 下田昌克 賭ける魂

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。