アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
タンキー01★Movie019
2008/07/09 11:37 [Wed]
category:Movie
以前、童乩(タンキー)信仰を見たくて、台湾を駆け足で縦断した。
●●教という整頓された宗教フォルダを前提に見ると、さっぱりわからない台湾の信仰の形。とにかく「トランス状態で、占いや祈祷を行い、過酷な修行で精神力を高め、刃物にも傷つかない強靭な肉体を持つシャーマン。儀礼の際には、悪魔祓いを行う」というぐらいの印象で近づいてみようと思ったのだが・・・


乩童

台湾では乩童(チートン)と言ったほうがよく通じた。地域は事前に少しだけ調べて寺を回ったが、言葉の壁も想像以上に厚く、微妙に食い違う情報ばかり。

台湾人の童乩像
どうも現代台湾人の中での童乩像は複雑なよう。よく知られているのは『童乩(タンキー)―台湾のシャーマニズム (アジア民俗写真叢書)』の表紙のように、とても正視に堪えないような刃物で体を傷つけて血まみれになる過激なパフォーマンスだけど、それの位置づけもよく分からない。いや、もちろん流血にも意味があるとは思うけど・・・(表紙の写真は「続きを読む」以下に貼っておきます)

現代台湾人はとても信仰心が厚いと感じたが、誰も童乩について、あまり語りたがらない。たとえば、台北はもちろん、台南あたりでも「チートンを探してるんだけど」というと、かなり複雑な表情をされ、「なんでそんなものが見たいんだ?」といわれる。多くの人が童乩とは次のようなものと言った。

・童乩は不良少年もしくはチンピラである
・子どもの頃から学校には行かず、昼まで寝て、酒、たばこ、ドラッグを常用する
・人を騙して金を取る


そんな調子なので童乩のいる寺を教えて欲しいと言っても、「台湾人でも近寄らない危険なところへは行かせられない」と言ってどうも要領を得ない。最終的に数箇所で童乩信仰や儀礼の手がかりを得られたが・・・

今のところのまとめ
以下初見での推測というか想像をまとめておこうと思う。文献も探しているが、堅苦しいものばかりでさっぱり読む気になれない・・・が、ぼちぼちと引き続き。

・近づく前の印象とさほど遠くない童乩の存在や信仰は台湾にある
・日本とほぼ同じくらいに高度に近代化した社会で、科学的根拠の無いシャーマンの出番は少なくなっている
・強靭な精神力と肉体、超自然的な力への人々の畏怖の感情を保持するために、若い童乩(あるいは童乩予備軍と言われる八家将?)たちはヤンキーの根性試しのように流血の過激なパフォーマンスや不良と呼ばれるような行為でアピールするようになっていった?
・しかし、世襲制なので、童乩の子は小さい頃から童乩になるべく育てられ学校にもあまり行かない?(ちょっとわからん)
・近年、若い童乩はドラッグで事件を起こすことも多いようで、人々の印象は相当悪い。
・トランスによるご託宣も、ちょっと馬鹿にしたような捉え方をされているようなところもある。それは、童乩を題材にした台湾のケンタッキーフライドチキンのCMでも・・・。
言葉がさっぱり分からないけど、「どんなお供えモノより、ケンタッキー(肯基)フライドチキンなら童乩も機嫌よく、すばらしいご託宣をくれますよ」というところだろうか?

[CF]肯基 -- 這不是肯基 乩童篇
加藤敬著 童乩

『童乩(タンキー)―台湾のシャーマニズム (アジア民俗写真叢書)』
スポンサーサイト

タグ : 台湾 童乩 シャーマン タンキー

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。