アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
バリ人によるバリ誌★Book017
2008/08/07 01:10 [Thu]
category:Book
随分以前に購入して、当時は全く受け付けなかったのだけど、面白かった本。2007年6月に増補新版が出ている(未読)。鏡味治也、中村潔訳。

プトゥ・スティアのバリ案内プトゥ・スティアのバリ案内
(1994/12)
プトゥ スティア

商品詳細を見る


たとえば、当ブログでも書いたことがある、バリカレンダーの作者として、今もカレンダーに写真が載っているI Kt. Bangbang Gde Rawiさんがバリカレンダーを作るようになったきっかけだとか、タジェン(闘鶏)にはどうやって賭けるのか、システムはどうなっているのかとか・・・そういうことが、詳細に書かれている。
[過去記事:バリカレンダー★雑貨005
[過去記事:鶏に賭ける★Movie018

著者の関心が、文化、宗教、歴史、観光化に高いようなので、そちらに偏ってはいるが、たとえば他にも、風葬の村トゥルニャンの現状や、お祭りで演じられて何が面白いのかさっぱりわからなかったバリの大衆演劇のストーリー、ネカ美術館ネカさんの苦労話とバリ絵画の話等々・・・バリ人以外が調べたのでは辿りつかないだろう情報も多く、個人的には興味深かった。

著者プトゥ・スティア氏はバリ人だけど、ジャーナリストとしてヨクヤカルタで活動し、しばらくバリ島とは少し距離をおいた生活をしておられた。バリ島を見つめなおす機会があり、自分が青年期までを過ごしたバリと現状は何がどう変わっているのかを書きとめたのが本書。1986年までの状況なので、それからさらにバリは変化しているが、増補新版にはそこからさらに20年後という補足もあるよう。

プトゥ・スティアのバリ案内 増補新版プトゥ・スティアのバリ案内 増補新版
(2007/06)
プトゥ・スティア

商品詳細を見る


著者の語り口に手放しの絶賛や批判のようなものは無く、氏が個人的に抱く懸念と怒りのポイントはいくつか見られるものの、「だから何とかしなければ!」的なあつい口調もなく、バリ人がバリ島を歩いて、見て、聞き書きしたことが淡々と書かれている。おそらくそこが購入当初全く受け付けなかった理由でもあり、今(ブログを書き始めて)、面白いと思う理由なのかもしれない。

諸事情あったのだと思うが、著者も言うように、調査報告書でもなければ観光案内でもないところが、非常に中途半端でもったいない。たとえば写真をつけるだけで随分購読者層の幅が広がりそう。数多ある一般読者向けバリ島本の中でNo,1にディープで正確なガイドブックになると思うんだけどなぁ・・・。

機会があれば、YouTube上の映像と本書の引用で記事も書いてみたい。

以下、目次
1.バリへの序章

2.イ・クトゥット・バンバン・グラ・ラウィとカレンダー
◎バリの暦と日の吉凶

3.イ・グスティ・アグン・グデ・プトラのいう履き違え
◎バリ建築と儀礼用具の変遷

4.イ・ワヤン・ネサ・ウィスアンダの重荷
  ◎火葬儀礼

5.グルン・テコの病
◎バリの伝統的な賭博

6.イ・デワ・プトゥ・カルサ、魔女の影絵師
◎魔女と妖怪

7.イダ・バグス・ングラーが、おどけるとき
◎消えゆく民衆演劇アルジョ

8.デワ・アユ・プトゥ・ライ、またの名をニ・ルー・スケルティ
◎民衆演劇トペン、ジャンゲル、ドラマ・ゴンの歩み

9.第二月のマデ・タロ
◎バリの現代文学と伝統文学

10.アナック・アグン・マデ・チャクラの「蜜と毒」
◎バリ・ポップス

11.イ・ニョマン・トゴッグの得た褒章
◎観光事業化される彫刻工芸

12.バンデ・ワヤン・ステジョ・ネカの試み
◎バリ絵画と美術館建設

13.「森のクタ」のイ・グスティ・アドニャ・スブラタ
  ◎クタ村の観光問題

14.ラトゥ・サクティ・パンチュリン・ジャガットの子孫たち
◎トゥルニャン村の観光問題

15.キ・パティ・トゥンジュン・ビルーの村の心配
◎トゥンガナン村の観光化

16.グドン・バグス・オカ夫人、「グッド・ナイト」
◎チャンディ・ダサのアシュラムと観光

17.アッサラーム・アライクム、ヌンガー・イブラヒム
◎バリ人の名前とイスラーム教徒、キリスト教徒

18.リニ・ワーユニ、終章として
◎現代のヒンドゥー教
スポンサーサイト

タグ : バリ島 プトゥ・スティア

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。