アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
Zingaro★Movie021
2008/08/08 12:48 [Fri]
category:Movie
battuta

興味の赴くままに突き詰めていると、時に自分でも忘れそうになるのだが・・・このブログではアジアの何かを考えたり、言及したりするのではなく、なぜアジアは好奇心をかきたてるのか、なぜアジア的なモノに特別な感覚を持つのか、一見、アジアと全く関係が無さそうなものにアジアに惹かれる感覚と非常に近い感覚を持つのはなぜか、またそれに潜むモノは何か、とかいうようなことを考えたいと思っている。

なので、日々の暮らしの中でそういった感覚を抱くものを新たに発見したら、「こ、これは、KajengKliwon(カジュン・クリウォン)や~」と、呪文のように口に出してみたりするのだけど(笑)。

ということで、最近「こ、これは、KajengKliwonや~」と唱えたのは、馬好きの家族のおかげで偶然知った騎馬劇団「Zingaro(ジンガロ)」。2005年に一度来日しているそうで、その時もえらい盛り上がったよう。ネット上で多くのブロガーさんが興奮のレポートをされている。パリ(Paris)でも公演チケットが入手困難なほどの人気だとか。

そのZingaroが来年、2009年再び来日の予定とのこと。
今回は遊牧民をテーマにした「BATTUTA」という新作。


Battuta aux Nuits de Fourvière
Attention! The YouTube addict.

詳細は以下ご参考、アミューズ・プレスリリースより引用

「ジンガロ」は、直径30メートルほどの円形フィールドで、馬と人とが一体となって極限の芸術世界を織り成す感動のスペクタクルです。単に馬に芸をさせるのではなく、馬の野生と人の知性・想像力を融合させることで、「演劇」と「音楽」、「舞台」と「美術」が渾然一体となり、演劇の概念を超越した幻想的な新しい芸術の世界を生み出しています。
「ジンガロ」は、主宰者バルタバスが制作・演出から、オーケストラシェフ、馬と騎手のキャスティング、馬の調教、出演に至るまで全てを指揮し、約3年の月日を費やして、馬と人との相互の信頼関係を築き、ひとつの作品を完成させます。

今回の最新作『BATTUTA(バトゥータ)』は、エネルギッシュでスピード感にあふれ、馬と人間のアクロバティックな要素が満載の作品です。 "放浪の民"という意味を持つ「ジンガロ」の精神(=遊牧民の感性)に着想を得てつくられた本作は、「自由」とそれに隣り合わせにある「危険」をシリアスに表現した内容となっています。過去に中央アジア出身の遊牧民族が支配した歴史をもつ国「ルーマニア」モルドヴァ地方のブラスバンドと、トランシルヴァニア地方のストリングスの2組の楽団(ファンファーレ・シュカール/タラフ・ドゥ・トランシルバニア)による音のコントラストも、物語を彩る重要なポイントとなっています。



2005年来日時の演目はダラムサラのチベット仏教寺院ギュトー寺院の僧侶とコラボレートした「Loungta(ルンタ)」という作品。DVDも出ているようです。
Go to amazon →騎馬オペラ・ジンガロ / ルンタ


Zingaro - Loungta
Attention! The YouTube addict.

2009年の公演概要は以下。

騎馬スペクタクル ジンガロ
演目:BATTUTA (バトゥータ)
日程:2009年1月24日(土)~3月26日(木)
会場:東京木場公園内ジンガロ特設シアター
チケット発売:2008年9月27日(土)
問:チケットスペース 03-3234-9999

公演用の日本語HPはこちら
その他の演目の映像なども少し見れるZingaro 公式HPはこちら 

バルカン、ジプシー、チベット、スペクタクル、ダンス。「こ、これは・・・」
スポンサーサイト

タグ : ジンガロ カジュン・クリウォン バトゥータ ルンタ Zingaro

trackback --    Comment(4)
この記事に対するコメント

こんにちは。 いつもブログに遊びに来ていただいて、ありがとうございます。

観れる可能性は非常に低いけど、実に興味ある内容ですね。

< "放浪の民"という意味を持つ「ジンガロ」の精神(=遊牧民の感性)に着想を得てつくられた本作は、「自由」とそれに隣り合わせにある「危険」をシリアスに表現した内容>

この部分が実に引っかかる。
私は「自由=時として孤独」と捉えています。 寺尾聡の<出航 さすらい>の影響かな(笑)。?

話は全く変わりますが、インドネシア人のウィッシャーが大阪へ来た時のこと。
東京は想像通りの最先端都市(浅草が面白かったようです)、京都は古き日本を間近に感じさせる一番想像していた日本に近く、お気に入りの場所になった(私は他のお寺の方が魅力的ですが、キンキラの金閣寺がやけに気に入っていました)。 さて大阪は? しばし頭を悩ませていた彼女が答えたのは「ここは日本ぽくない」 それではどんなイメージの街になったのかと聞くと、更に考えた後「ここは日本というより、アジアだ」と答えました。

たった一人ですが、インドネシア人が日本で感じたアジアということで、Tranceさんが思考する時のご参考になれば。
【2008/08/08 15:07】
URL | MASAKI #tFt0Pax. [ 編集 ]

MASAKI様
ご訪問、コメントありがとうございます。
いつもインドネシア情報よませていただいています。

Zingaro、私も無理やりチケットを購入するなどしないと見逃しそうです。

>自由=時として孤独
生きてゆく道連れは夜明けの風~でしたっけ。ハードボイルドですね~。私の場合は・・・具体的なことしか思い浮かばず、ここではとても書けません。

さて、ウィッシャーさん。ブログ愛読者の私の中では、ルキニさん、アグンさんなど、登場人物がすでにキャラクター化されていますが(笑)、大阪=アジアの感覚、少し分かります。活気があって、良くも悪くも「い~かげんな人」がいるところがあるからかなぁ・・・そういうところは、私は居心地は悪くないです。

バリ人の友人が日本に来たときには、奈良の名所・旧跡ではなく、田舎のかなりディープな豊穣祭に案内しましたが、仮面をつけた演者が田園を歩く姿や、お祭りの様子を見て「バリと同じ!!」と、かなり気に入った様子でした。

日本以外のアジア圏の人が見た日本というのは、興味深いです。

ウィッシャーさん、機会があれば、ぜひ奈良にも。

また、遊びに来てください!
【2008/08/08 17:16】
URL | trance trance #mUq88ZHE [ 編集 ]


ヨーロッパのカーニバルといえば、やはりジプシーは思い浮かびますね。
異文化を持ち込んで、異空間を創り出すまさに放浪の民ですね。
どこかいかがわしい雰囲気もあり、カーニバルという非日常を
構成していくには、欠かせない存在ですね。
日本で公演されると単なる見世物になってしまうような気もします。

下のヴィデオは、チベット文化、あるいはネパールの山岳地方の
土着の宗教に対するヨーロッパ人特有の思い入れを感じてしまいます。
本当のところは、もっとおどろおどろしい世界なのですが、
アジア独特の内面世界は、ヨーロッパ人には、遠いことのようですね。
 上のヴィデオは、自然な捉え方がありますが、下のヴィデオは
思い入れが激しいような気がしました。
ヨーロッパ人にとっては、やはりアジアは不可思議な世界なのでしょう。
【2008/08/08 23:02】
URL | ひかるの #- [ 編集 ]

ひかるの様
ご訪問、コメントありがとうございます!

Zingaro。私も実物を見ていないので、情報収集中ですが、ネット上で前回の公演(下のビデオの分)をご覧になった方々のブログを読むと、おっしゃるように、「ヨーロッパ人特有の思い入れ」を指摘されている方もいらっしゃいました。かといって、手放しのオリエンタリズムが見え隠れするというほどでも無かったようで、幻想的な空間だったという意見が多いようです。

主宰者のバルタバスという方、出身を「ヨーロッパのどこか」とされているようで、ジプシーの家系出身かも?ということも言われているようです(否定しているそうですが)。なので、次回公演(上のビデオ)は、ちょっと楽しみなことになるかも・・・と思います。

話は変わりますが、先日アップされていたバンコクの写真、ちょっと驚いたので、コメント差し上げようと書き始めたのですが・・・何を書いてもどうにもならない空しさに襲われて、送信しませんでした。何の特徴も無い、無機質な雰囲気の街になっているのですね。

では、またのお越しをお待ちしております。
【2008/08/09 01:06】
URL | trance trance #mUq88ZHE [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。