アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
洞川には何がある?01★SF010
2008/08/18 11:35 [Mon]
category:Space&Faith(奈良)
天川、吉野、川上といえば、とにかくこの人なしには語れない。役行者。

gyouzya

これまで過去記事で書いてきた天河大弁財天社などは、天川の「中央エリア」に位置するところばかりだったけど、今回は「洞川エリア」。このエリアはすっかり観光・レジャースポットになっているが、とはいえ役行者に関連するところだらけではある。その中から2回ぐらいに分けていくつか書いてみようと思う。
※天川村のエリアマップはこちら

マニアックなお土産を買う
上の木彫りは、洞川のその名も「行者さん通り」にある「西浦清六本舗」店先の行者像。洞川温泉センターの駐車場、あるいは洞川温泉バス停から徒歩15分くらい?観光客に人気という「山口屋豆腐店」の隣りあたり。

nishiura

各種役行者の木彫りや役行者/蔵王権現Tシャツ、役行者が従えたという前鬼・後鬼ストラップなど、マニアックでユニークなお土産を調達できる。白装束や法螺貝、修験法具もある。もちろん、陀羅尼助丸、吉野葛、ハンカチなど普通のお土産も品揃え豊富。

陀羅尼助

こちらは陀羅尼助丸(胃腸薬)。陀羅尼助丸についてはまた別の機会に書いてみたい。
※電話番号などは、天川村商工会 西浦清六本舗ページ

テーマに潜む驚きのアトラクション
そこから少し進んで橋を渡ると、洞川自然研究路に入り、キャンプ場がたくさんあるエリアに抜ける。この時期はキャンパーも多く。すぐそばに流れる山上川で水遊びを楽しむ子どもたちで賑やか。そんな中に、現れるキレイな建物が「エコミュージアムセンター」。

エコミュージアムセンターのテーマは「自然と水と修験道」???。

エコミュージアムセンター *画像は天川村役場HPより拝借

テーマのうち、自然と水については、地質学、生物学的な資料を子供向けに紹介・展示している。では修験道は?(そもそも、この3つを並列でテーマにするにはかなり無理があると思うんだけど)なんと「西の覗き」がヴァーチャルに体験できるコーナーがある。

西の覗き *画像は天川村役場HPより拝借 

上が大峯山奥駆修行で行われる西の覗き(この写真は入門コースの画像のようだけど)、本来的意味としては、おそらく断崖絶壁に逆さづりのいわば通過儀礼。

エコ覗き

こちらがヴァーチャル西の覗きコーナー。エコミュージアムセンター館内の一番奥にある。台に上って覗き込むと大峯奥駆修行の映像が流れて、クライマックスで「西の覗き」目線の景色が・・・。

※すぐそばまで車でアクセスする場合は、「行者さん通り」から続く「行者の道」に駐車場有。橋を渡ってエコミュージアムセンターに行ける。

エコミュージアムセンターの詳細は・・・こちら

なんちゃって修行体験

大峯山洞川温泉旅館組合の主催で山伏修行を1日だけ体験できるコースの参加者を募集しているよう。修行体験をしてみたいけれど、本格的な大峯奥駆修行まではまだ思い切れない・・・という方に。西の覗きも体験できる。山上ヶ岳に行くので、女人禁制。

行程は、夕方洞川で集合し、精進料理を食べた後、翌朝2時に出発。登山口まで送迎付。午前中には戻ってくる。本格的な奥駆修行については、過去記事をご参照→[吉野には何がある?01★SF003

大峯山(山上ヶ岳)山伏修行一日入門

日程:8/24(日)~25日(月)
    9/6(土)~7日(日)

費用:1泊3食付 大人 \10,500(子ども \7,500)

※各募集日の3日前までに要申込。

詳しくは天川村役場HP
スポンサーサイト

タグ : 天川 洞川 大峯奥駆修行 西浦清六本舗 陀羅尼助丸 役行者

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。