アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
洞川には何がある?02★SF011
2008/08/19 00:50 [Tue]
category:Space&Faith(奈良)
前回に引き続き洞川。天河大弁財天は何度かブログに書いているものの、敷居が高いというか、多くの人が「パワースポットだ」というわりに、自分は残念ながら何も感じることができないので正直なところ少々苦手である。手放しで「良い」と思えないのはそういうところに理由があると思われるのだけど、洞川は「ここに入るだけでも来るだけの価値がある」というスポットが・・・

洞窟めぐり
洞川で、おそらく一般の人が入れる洞窟は4つ。

1.面不動鍾乳洞
洞川温泉駐車場やバス停から最も近い。入り口までは徒歩でも行けるが、林道用モノレールに乗るのもまた楽しい。

2.蝙蝠(こうもり)の窟
前回書いたエコミュージアムセンターから歩いて5~10分。

3.蟷螂(とうろう=かまきり)の窟
蝙蝠の窟と並んでいる。

4.五代松鍾乳洞
蝙蝠窟、蟷螂窟から歩いて10分~15分。名水「ごろごろ水」の水汲み場(兼駐車場)からすぐ。
こちらは入り口まで林道用モノレールに乗らないと行けない(2008年8月現在)。

入るだけで精神的に不安定になり、五感が混乱してしまうのは3の「蟷螂の窟」。
入り口はこんな感じ。

蟷螂窟入口

受付のようなところで、おばさんに入場料300円(蝙蝠窟と合わせて)を支払って、懐中電灯を借りて入るのだが、驚くほど冷たい風(まるで冷凍庫を開けた時のような)が洞窟内からサァ~っと流れ出てくる。
内部はこのようになっている。

蟷螂窟_02

真っ暗でヌルヌルとした石の上を腰をかがめて移動しなければならない。その腰をかがめたしぐさが「かまきり」に似ているから「蟷螂窟」と言われるそうだが真偽のほどは不明。とにかく、壁や天井はどこもしっとりと濡れており、懐中電灯の光も視界のみをわずかに照らすだけ。もし電池が切れようもんなら発狂しそうだ。冷や汗をかいた体が、冷気でどんどん冷えていく。

というわけで、洞窟探検と楽しんでおれたのは一瞬。上の見取り図の「賽の河原」あたりでギブアップ。
どこまで続くか分からない闇というのはそれだけで恐怖なのに、水の滴る音のみが聞こえてくる中、アップダウンのある細い窟内で体を縮めて歩くというのは、普段使わない知覚が働くのか、ありえない連想を次々としてしまう。役行者が修行をしたと言われているそうで真偽のほどは不明だが、あの中にしばらく居れるというだけで、強靭な精神力を想像させるので武勇伝としては成立する。外に出た時の明るい日差しと暖かい空気を感じて、再生したような気分も少し味わえる。

2.の蝙蝠窟の入り口はこんな感じ。左端に写る川にかかった橋(スロープ)から洞窟に入る。

蝙蝠窟

蟷螂を体験した後なので、蝙蝠の方は軽く進める。写真中央あたりに役行者像あり。蝙蝠窟と言うだけに、蝙蝠もいるにはいるらしい。アップダウンはあるものの、外部に開けている箇所もあり恐怖感はそれほどない。

蝙蝠窟遠景

こちらが、蝙蝠窟の遠景。ここまで来たら、河鹿の滝と五代松鍾乳洞も近い。

河鹿滝

河鹿の滝。

このあたりの近くまで車でアクセスするなら、「ごろごろ茶屋」の駐車場(有料)が便利かと思う。

洞川にはまだまだスポットはたくさんあり、未踏のところも多いのだけど、今回は残り少ない夏休みに親子でも楽しんでもらえそうか?と思うところにしてみた。
各スポットの位置関係は、洞川の街のどこででももらえる「天川 洞川温泉ぐる~りマップ」が詳しいのだけど、とりあえずは洞川温泉観光協会HPにもマップあり。

リンクをはらせていただいている「お手軽秘境探検隊~関西の絶景スポットレビュー~」に蟷螂窟、蝙蝠窟の画像と記事がを公開されています。写真がステキです。
暗闇の修行場 ~蟷螂の窟~
岩窟探検 ~蝙蝠の窟~
スポンサーサイト

タグ : 天川 洞川 蟷螂窟 蝙蝠窟 役行者 再生

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。