アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
ぼくがうみだす音★Movie024
2008/09/01 23:37 [Mon]
category:Movie
1日なので、8月の検索ワードランキングをやろうと思ったが、今回は意外にもかなり分散されていたので近藤つづき。前記事(ぼくがうまれた音★Book020)の「ぼく」が生みだす音とは。

『幻想美術館 楽園に消えた名画 ウォルター・シュピース』(2000年BS日テレ,制作:ドキュメンタリージャパン)で、シュピース邸でトランペットを吹く近藤等則。番組の監修は、当ブログでも何度か書いてきた伊藤俊治さん。


BLOW THE EARTH : BALI

近藤等則さんは、1993年11月イスラエル、ネゲブ砂漠を皮切りにペルー・アンデス、沖縄・久高島、富士山、ヒマラヤ・ラダック、アラスカ・マッキンレー山、日本・熊野..と地球の大自然の中でエレクトリックトランペットを即興演奏している。(バリ島はこのシリーズの一貫ではない?ようだけど・・・)
地球を吹くin Japan公式ウェブサイト

この即興演奏「地球を吹く」をはじめたきっかけについて、次のように語る。

もっと単純な言い方すれば、魂の大元にオレは帰ってみたかった、というね。せっかく生きてんだから、経済活動、社会活動なんてのは人間の一部で、ある種の見方をすれば、人間がなんで地球に生きてるのかと言えば、自分の魂を磨くためというか、魂の修行のために人間社会の苦労を負ったりしているという説があるとするとやね、オレもそれに乗った、と。ミュージシャンなんだからもう一度自分の魂、地球の魂、人間の魂、すべての魂を含めた魂の大元から出る音を吹いてみたい、って思ったのかもしれない。(近藤等則ファンサイト KONDOMANIACSより)


「地球を吹く」はDVD/CDも発売中。詳しくはこちら(PDF)。
スポンサーサイト

タグ : バリ島 近藤等則 伊藤俊治 ウォルター・シュピース 地球を吹く

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。