アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
神楽★Movie025
2008/09/09 23:45 [Tue]
category:Movie
お神楽つづきで映像。


岩手県 普代村 鵜鳥神楽の巡行宿

神を「権現様」と呼ぶ獅子頭に宿し、それを奉じて村々を巡る神楽団。「山伏神楽」や「法印神楽」の名称も、東北地方の神楽が修験者のものであったことをうかがわせます。陸中海岸の漁民の信仰を集めた鵜鳥神社。鵜鳥神楽は今年も春を告げ、また祈祷と供養に家々の門打ちをしてまわるのです。(下記掲載書引用)


正月から約2ヶ月をかけて、陸中の村々を回る神楽団。その日の目的の村を門打ちして回り、最後に宿に決められている家(神楽宿)の前で「しっとぎ獅子」という舞込みなどをする。夜、その神楽宿の座敷は神楽団の舞台に。集った村人は、一夜の神々との饗宴を楽しむという。見てみたい・・・

鵜鳥神楽をはじめ、修験と神楽の映像と論考、資料を納めたのが下記。

修験と神楽
『音と映像と文字による[大系]日本 歴史と芸能 第8巻 修験と神楽』
編集委員:網野善彦、大隈和雄、小沢昭一、服部幸雄、宮田登、山路興造
平凡社(1990/8/20)

このVHS付のシリーズは、バブルが残した数少ない重要な遺産。これまた入手困難。

<本目次>
山をめぐる日本の文化と民俗/山折哲雄
「浄土入り」のドラマトゥルギー
―奥三河の霜月神楽をめぐって―/山本ひろ子
神がかり―備後の荒神祭祀から―/鈴木正崇
巫女と司霊者/岩田 勝
山人と「世間」/千葉徳爾

<映像資料>
大峰山の修験者
那智の火祭
奥三河の花祭
大元神楽
鵜鳥神楽 


奥三河の花祭の映像は、YouTube上のものを過去記事にあげている。
[過去記事:古代から来た未来人★Book019
スポンサーサイト

タグ : 神楽 鵜鳥神楽 日本歴史と芸能

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。