アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
ミッキー・ハート01★Book024
2008/10/03 01:12 [Fri]
category:Book
以前、アジアへの好奇心が、打って(振る、たたく、はじかせる)音を出す、響かせる行為に伴う身体感覚とどこかでどうにか関連しているような気がするというようなことを少し書いた[過去記事:打楽器・打鍵楽器01★雑貨012] 

ドラム・マジック―リズム宇宙への旅ドラム・マジック―リズム宇宙への旅
(1994/10)
ミッキー ハートジェイ スティーヴンス

商品詳細を見る


グレイトフル・デッドのドラマー、ミッキー・ハートがドラム、パーカッションのマジカルなパワーの謎を追う旅の記録。

親愛なる皆さんへ
僕はドラマーです。生まれてからずっとドラムやその他のパーカッションを演奏してきました。そしてもろもろのものに加えて、音楽、とくにパーカッションが人間の精神と肉体に影響を与える、なみなみならぬパワーを持っていることに気がつきました。多くの文化において、パーカッションは儀式や宗教的場面で使われてきました。神話や伝説の多くがパーカッション楽器の起源を題材とし、そうした楽器の出す特殊な力を描いています。
民話・伝説・神話・物語、ことわざ、パーカッションの歴史と起源、使用法、そしてパワーにまつわるものを集めるのを手伝ってください。見つけたものはなんでもかまわないから送ってください。
グッド・ラック。よろしく。
ミッキー・ハートより(本書より引用)


このメッセージは旅の始まりの頃、がむしゃらな資料集めの一貫として、友人たちに送られたもの。

この旅が半端なもんじゃない。文献を読みあさって太古の洞窟からアフリカの砂漠へ、神話学者J・キャンベルと出会い、語り合い、M・エリアーデのシャーマニズム理論にも心酔しながら、さまざまな祭儀に時空を越えて立ち会い、独自のデータ・ベースを築き上げる。

重要なポイントは、旅の途中のどんな出会いに対しても、ミッキー・ハート自身の感覚と共鳴させ、戯れるようにしながら血肉化していくところだ。

シャーマニズムの研究を進めながら、このテーマについて記述している学者たちのほとんどがドラマーではないということが、僕にはわかっていた。ドラムに乗ってどこへも行ったこともなければ、トランスに入るまでドラムを叩いたこともないのだ。彼らはドラムがシャーマンの活動の中心であることは認めるが、演奏者の視点でパーカッションの音やリズムがパフォーマンスの維持や鍛錬に寄与しているこさまを論じた学者はほとんどいない。
これこそが僕の十八番だった。(本文より引用)


と、述べているが、確かに音やリズムとトランスの関係を、自身の心身の体験として生々しく描いている本はおそらくほとんど無いと思う。

ラストは旅の感動のエンディング。
スポンサーサイト

タグ : ミッキー・ハート ドラム パーカッション トランス シャーマニズム 1970年代

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。