アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
ミッキー・ハート03★Movie027
2008/10/08 00:10 [Wed]
category:Movie
ミッキー・ハートは、『ドラム・マジック』(参考・過去記事[ミッキー・ハート01★Book024]出版後(原書出版は1990)、以下の本を上梓している(未読)。

同タイトル、ジャケ画で、有名なパーカッショニスト(ザキール・フセイン、アイアート・モレイラ)が参加するCDも(未聴)。

Planet Drum: A Celebration of Percussion and RhythmPlanet Drum: A Celebration of Percussion and Rhythm
(1998/08)
Mickey Hart Fredric Lieberman

商品詳細を見る


『ドラム・マジック』はこの本の長い長い前書きだそうで、『ドラム・マジック』中で書かれているパーカッション・データベースの写真を多様した、まるで専門書のような本らしい(翻訳はまだ?)

ミッキー・ハートは、世界で唯一のドラミングによるトランス、シャーマニズムの何たるかを体得している民族音楽学者といえるんじゃないかと思う。

ミッキー・ハートの映像は、YouTubeにもたくさん上っている。

Global Drum Project featuring Mickey Hart and Zakir Hussain

ミッキー・ハートについては、今後も折にふれ書いてみたいが、最後にミッキー・ハート前掲書に記載されていた、ミッキーのスーフィーの師、イナヤット・ハンの言葉を引用。

音楽を聞くにはいろいろな道がある。技術の道においては、テクニックを向上させより良き音楽を愛でるようになった者は、レベルの低い音楽に不快感を感じる。しかし霊的な道がある。それはテクニックとなんら関係のないものだ。ただ自分を音楽にチューンするのだ。


スポンサーサイト

タグ : ミッキー・ハート 民族音楽学

trackback --    Comment(2)
この記事に対するコメント
映画の中のバリ島
ちょっと話題がずれますが…
先日、映画『落下の王国』を観てきました。劇中劇で、バリのダンス(ケチャのアレンジ)のシーンがありました。撮影はバリ島で行われたらしいです。スタッフロールにダンシングチームや撮影スタッフのクレジットもありましたが、見落としてしまいました…。

http://www.rakka-movie.com/
【2008/10/13 12:09】
URL | donqui #rDYI5dHo [ 編集 ]

donqui様
ご訪問、コメントありがとうございます!!

しかし、話題のずれ方がお洒落すぎます。

公式HPに「落下の王国」がF・Fコッポラの言葉に触発されて作った映画というコメントが上ってました。コッポラと言えば「地獄の黙示録」、でミッキー・ハートということですよね。

「落下の王国」知りませんでした。公式HP見ましたが面白そう。
劇場で見るのが良さそうですね。

では、また遊びに来てください。
【2008/10/13 22:32】
URL | trance trance #- [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。