アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
コバルビアスヴィデオ★Movie004
2008/03/22 16:43 [Sat]
category:Movie
★Book004で書いたコバルビアスのヴィデオ。


★Movie004
bali '30  (LA ISLA, LA GENTE Y LA COMUNIDAD)
Attention! The YouTube addict.
当時バリ島へは、ジャワ島から北部ブレレン港までオランダの王立郵船会社(KPM)の小型汽船が出ていた。

コバルビアスは著書『バリ島』のオープニングで、ブレレンへの到着時のことを次のように書いていて、ヴィデオもそんな感じで始まる。

高く黒い峰が磨き上げたはがねのようになめらかな海面に映り、円錐形の山の頂は黒っぽい金属色の雲に隠れていた。岸に近づくにつれて、ブレレンが霧の中から姿を表した・・・

残念ながら、ヴィデオは途中で切れているのだけど、著書と同様、フィルムの中にバリ島の全体像を何とか納めようとしているよう。
いつ、どこで、誰が見るためのフィルムだったのかな?

投稿者のコメントは以下

video yang dibuat oleh miguel covarrubias

スポンサーサイト

テーマ:映像・アニメーション - ジャンル:学問・文化・芸術

タグ : コバルビアス バリ島 1930年代

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。