アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
日本の放浪芸03★DVD015
2008/11/25 00:17 [Tue]
category:CD/DVD
さて、日本の放浪芸続き。

引き続き日本ビクターのレコードディレクター市川捷護さんなのだが、先の日本の放浪芸のレコードシリーズ完成後、今度は小沢昭一さんと映像を撮り始める。作品は日本の放浪芸に加えて、そのルーツを探るように韓国、インドの放浪芸も訪ねるものだ。1984年にビデオディスク版とビデオ版で発売。200分あまり。2001年にDVD化されている。

小沢昭一の「新日本の放浪芸」~訪ねて韓国・インドまで~小沢昭一の「新日本の放浪芸」~訪ねて韓国・インドまで~
(2001/12/19)
小沢昭一

商品詳細を見る


収録されているのは、以下のような放浪芸。

<日本>
尾張万歳(愛知県知多市)
三曲万歳(三重県鈴鹿市)
春駒(佐渡)
猿回し(佐渡)
いたこ(青森)
伊勢太神楽
のぞきからくり
バナナ売り
<韓国>
ナムサダン
ムーダンのクッ
<インド>
コマまわし
熊遣い
人形遣い
手品師
ポーパ(絵解き)


先のレコード制作にあたっても、日本中、大道・門付けの放浪芸を探し回ったが、その源流と思われる芸能がインドにはまだまだいっぱい残っていることに驚いた一行。映像の締めに小沢昭一さんのナレーションで、次ぎのように語る。

「日本人は、当面の暮らしの便利文明をとって、古い文化を引き換えに捨てております。そうでないインドと日本、いったいどちらが勝ちなのか、千年先の答えを知りたいものでありますね」



もうちょっと続く
スポンサーサイト

タグ : 市川捷護 小沢昭一 放浪芸

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。