アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
日本の放浪芸05★Movie030 
2009/01/03 16:22 [Sat]
category:Movie
あけましておめでとうございます。
目標の300記事エントリーまであと100とちょっと。
「ん?投げ出したか?」と思われるほどの更新頻度ですが、続けます!

さて、昨年後半から気になっていろいろと調べ始めた「日本の放浪芸」。
百聞は一見にしかずということで、滋賀県の愛知川で毎年元旦に山本源太夫社中の舞始めがあるという情報を入手し、31日から愛知川へ。
以下、YouTubeにアップしたオリジナル映像。
(最初の方は早朝5時過ぎということもあり、かなり暗いですが、徐々に明るくなります。最後までヘボヘボの映像ですが・・・)。



早朝5時過ぎに社中の一行は宿の味吉屋を出発し、笛や太鼓を鳴らしながら宿場のほぼ中央にある八幡神社へ。一行は神社で参拝をしたあと神楽を奉納し、その後、3班に分かれて夕方まで愛知川の家々をまわるのだが、最初の辻では、悪魔祓いの舞いを行うなど、日本の芸能もバリ島で見た悪魔祓い同様、本来はそういったものだったのか・・・と実感。

雪の中、社中の一行は、宿場の町を颯爽と歩く。

不幸ごとがあった家は玄関の鍵を閉めているが、そうでない家は、鍵をかけていないので、社中一行は笛や太鼓を鳴らしながら「おめでとうございます~」とやおら入っていく。

家人に祝詞を唱えたり、子どもがいる家では、獅子が子どもの頭にパクリとかぶりついた後、その家の依頼に応じて玄関先で舞い踊る。

次ぎの日は隣り町へ、そして次の日・・・と移動して回るのだという。
スポンサーサイト

タグ : 放浪芸 伊勢大神楽 愛知川 悪魔祓い

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。