アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
炒飯★Pasar2_002
2008/03/24 15:25 [Mon]
category:Pasar2(食材)
アジアのどこに行ってもたいてい躊躇なく食べることができるのが麺類と炒飯の類。
nasigoreng
都心部から離れた地域の屋台でも、炒飯の類はたいていある。食べ物は好奇心に任せてあれこれ試したい方だけど、ちょっと体調が思わしくないときは、冒険せずに炒飯の類を食べるようにしている。
日本の家庭の炒飯は醤油の香ばしい香りが魅力だが、アジアでもその地域を代表する調味料を効果的に使って味付けされている。

これは、インドネシアの炒飯「ナシゴレン」の素。炒めたご飯に混ぜるだけでバリ島のワルンの味。目玉焼きはぜひのせたい。


コキタ・ブンブナシゴレン(ナシゴレンの素、瓶詰め)KOKITA Bumbu Nasi Goreng(バリ風焼き飯・チャーハンの素)250g 683円(税込)
「バリ・インダー(アジアンライフ)」


◎サンバルソースもぜひ一緒に。
用途はナシゴレンオンリーではなく、豆板醤風に使ったり、鍋に味ポン+サンバルもおすすめ。塩コショウに片栗粉をつけて揚げた鶏のから揚げをつけて食べても美味いっす。
ABCサンバルアスリ340mlバリ島でもっとも良く使われているチリソース(激辛ソース)
525円(税込)
スポンサーサイト

テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

タグ : バリ島 ナシゴレン サンバルアスリ

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。