アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
大音量で聞け★CD002
2008/03/26 20:49 [Wed]
category:CD/DVD
ビル・ラズヴェルフレッド・フリスフレッド・マーのバンド。
「なんだか良く分からんけど、かっこよすぎる!」と初めて思った1枚。

Killing TimeKilling Time
(2006/02/14)
Massacre

商品詳細を見る

しかし、なんでこれが「アジアの好奇心」と関係するのか?と聞かれたら・・・・。

そのうち言及します。とにかく、まずは大音量で聞いて欲しい。

初めて世に出たのは1982年。
2006年版のこちらは、ライブテイクなども。
スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

タグ : 1980年代 ビル・ラズヴェル フレッド・フリス フレッド・マー

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。