アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
バリ島関係で1冊と聞かれたら★Book001
2008/03/19 14:24 [Wed]
category:Book
この本を薦めることが多いです。
house in bali
★Book001
熱帯の旅人―バリ島音楽紀行
C・マックフィー 著、大竹 昭子 訳 河出書房新社 (1990/08)
ガムランに魅せられた作曲家コリン・マックフィーバリ島での日々。時代は1930年代ですが、彼の描写の中に、バリ島アジアに惹かれる理由の何かが潜んでいると思います。その「何か」は今も変わらずバリ島に確かに息づいていて、いつ読んでも、何度読んでも特別な感覚を残してくれます。そのあたりを追究したいのですが、まだ言葉にならず・・・。
絶版、重版未定。翻訳がとにかくすばらしいです。

関連投稿
CD001
Movie001
スポンサーサイト

テーマ:アジアの文化芸術など - ジャンル:学問・文化・芸術

タグ : アジア バリ島 コリン・マックフィー ガムラン 1930年代

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。