アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
突き動かされる★CD001
2008/03/19 21:03 [Wed]
category:CD/DVD
Mcphee
確認する必要すら無い情報が恒常的に身の周りにあると、自分にとって本当に必要なものが近づいてきても、「それとどうしても向き合いたい」という衝動が抑えられないなんてことはおこらない・・・と思う。

Book001でも書いた作曲家コリン・マックフィーは、1929年にNYで友人がジャワから持ち帰ったSP盤を聞く。それは1928年にオデオンから発表されたバリ音楽の記録。マックフィーは感激のあまり、研究のためにバリ島に向かい、そこで8年間暮らし、バリ音楽を研究・採譜することになる。

彼を突き動かした当時の貴重な音源がこのCDにおさめられている。また、マックフィーはバリ島滞在中、現地での録音が難しかったことから、演奏者に楽器を演奏させ、それをピアノで記譜した。NYに戻り、1941年に録音したピアノやフルートによるバリ音楽も入っている。

★CD001
「ザ・ルーツ・オブ・ガムラン ファースト・レコーディング- 1928バリ、1941ニューヨーク/I WAYAN LOTRING, COLIN MCPHEE & BENJAMIN BRITTEN」 Beans Records(2625円)
roots of gamelan

バリでの日々は自分の人生にとって正しかったのかと、将来を有望視されていた若き音楽家は後に自問したという。彼の衝動、葛藤、新しい音の創造・・・いろいろなことを想像しながらN.Yでの録音を聞く。

このCDを発掘し、独自のレーベルから発売されているアオラ・コーポレーションさんに敬意と感謝。
アオラさんのオンラインショップ「EL ARRULLO」で購入可能。

関連投稿
Book001
Movie001
スポンサーサイト

テーマ:アジアの文化芸術など - ジャンル:学問・文化・芸術

タグ : アジア バリ島 コリン・マックフィー ガムラン 1930年代 アオラ NY

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。