アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
川上村の洞窟01★SF002
2008/05/06 01:37 [Tue]
category:Space&Faith(奈良)
吉野・天川・川上めぐりが止まらない。いろいろ書いていきたいが、知識が及ばずなかなか・・・ということで、今回は川上村のスポット。とりあえず子どもから大人まで行って楽しめるということで「不動窟」という鍾乳洞。

熊野から吉野方面へ、大阪から吉野を経て大台ケ原、熊野へ車で移動するなら169号線というのを利用すると思うのだけど、169号線、柏木というあたりにかなり目立つ看板で不動窟は現れる。(看板の写真は撮り損ねた)

Image2471.jpg Image2491.jpg
(左:洞窟の入り口/右:突き当たり)

入り口は喫茶店「ホラ!!あな」にあり、ここで入場券を購入する。
中は他の鍾乳洞と同じくひんやりしている。ふんふん、普通の鍾乳洞やん・・・と思っていたら、突然轟々と滝の音が聞こえてきて、一気に「わ、出られへんかったらどうしよう・・・」という恐怖に襲われる。この鍾乳洞の中に、「不動の滝」という滝がある。

地質学的なことはさっぱり分からないのだけど、謂れとしてはここも、このあたりの地域一帯に広がる「役行者」伝と関係があるようで、「役行者が地蔵に導かれて発見した」とか、「この滝で修行した」とかどうとか・・・ということで、洞窟内入ってすぐのところに役行者像もあったりする。

「役行者の守り本尊である不動明王をお祭りし不動窟」とあるのだが・・・不動明王なん??なんだかもう信仰も歴史も伝説も神々もアトラクションもぐっちゃんこになってて、洞窟→(不)動窟って当て字で楽しんでへん?と思ってしまうが・・・ま、ま、ま、アトラクションとしてはなかなか楽しめるスポット。帰りは「ホラ!!あな」で名水を飲もう。

お手軽秘境探検隊 ~関西の絶景スポットレビュー~」さんでは、不動窟の雰囲気が伝わってくるすてきな写真を掲載されているので、ぜひそちらも。関西の絶景スポットをたくさん紹介されています。

詳しい場所は、川上村のホテル「杉の湯のHP」で。

入り口の案内板には以下のように記載

不動窟の入口は間口約10m、門壁は緑色岩類で、石灰岩を夾在する。ここから約10m進むと第一窟がある。高さ約10m、幅約5m位の小ホールで、周壁は石灰岩。更に進むと第二窟に至る。高さ約8m、幅4~5m位[天の窟・地の窟]で、周壁は石灰岩。右折して下ると第三窟がある。高さ約20m以上[大天井・小天井]、それ以外の天井は狭くて高い。広さは南北約10m、東西は長く、西方に細くのび約50m位と推定される。左側に滝状の急流があり[不動の滝]、幅約2m、上流の洞穴は長く続いているが狭くて不詳。履の中央付近には杭型の石灰岩が数本あり、西側の石灰岩塊上には不動尊を安置している。右折して流れに沿って下ると[三途の川]、狭い通路[胎内潜り]を過ぎると第四窟[奥の院]に達する。高さ約12m、広さ約10㎡位の大ホールで、周壁は石灰岩及び緑色岩類。不完全な石筍、幕状の鍾乳石、その他色々の石灰沈積物が見られる。急流は入口の遥か下で吉野川の崖下水面下に流出し、源流は後背地の山地であるが詳細は不明である。この鍾乳洞の皿状沈積物の生成状況は学術的価値の高いものである。県下では、既に県指定の天川村の面不動鍾乳洞、五代松鍾乳洞とともに貴重なものである。
奈良県教育委員会



関連記事
TP007「天河には何がある?」

天河・洞川付近の宿
旅館 紀の国屋甚八
あたらしや旅館
大峯ホテル丸文
光緑園西清
スポンサーサイト

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

タグ : 川上村 不動窟 役行者 鍾乳洞 熊野 169号線 吉野

trackback --    Comment(2)
この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/05/05 18:39】
| # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/06/18 01:26】
| # [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。