アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
ダンドゥット★CD006
2008/05/06 02:33 [Tue]
category:CD/DVD
無意識のニーズにピンポイントで「おススメ」と言われてスコーンと「はまる」のは、本能に従った感があっていいもの。

elvy-sukaesih.jpg
こちらは、インドネシアのダンドゥットの女王と言われている(全く知らなかったが・・・)エルフィ・スカエシの「ディーヴァ復活」というアルバム。Favorite blogとして(勝手に)リンクさせいただいている「遅ればせながら衝動的」のシャケさんの過去ブログを何気に見ていてピンと来てしまった。アルバム自体は15年ほど前に発売されたもの。

ピンときたワードは3つ①恋のフーガ②久保田麻琴③ダンドゥット。
ダンドゥットの良さがどうも分からなかったのだけど、「好きで聞きたい」という気持ちがどこかにあったのかもしれない。あるいは、サンディの歌謡カバーダンドゥットが収録された「MERCY」しかり、久保田麻琴のプロデュースだから?まあ、理由の分析はええとして、ダンドゥットはダンドゥットだけど心から楽しいと思えた1枚。

かつ、ザ・ピーナッツの「恋のフーガ」のカバーは良かった。カバー曲はこのほかにマドンナの「Laila Bonita」と「君恋し」も。いずれも違和感なく、君恋しは妖艶な歌声にぴったり。

カバーの歌詞は意訳のさらに翻訳という感じで「き~み~こいし~」のところを「Saya chinta kamu~」ではなく、歌詞の聞こえかたも近いように「Kini Kau Pergi (今や君は去り行き)」としてるのもエレガント。ちなみに「恋のフーガ」の「追いかけ~て」は「Jangan kau pergi(行かないで)」となる。インドネシア語の勉強にもいいかも。

ダンドゥット、ちょっといろいろ聞いてみようと思う。紹介いただいたシャケさんに敬意と感謝。
スポンサーサイト

テーマ:ワールド・ミュージック - ジャンル:音楽

タグ : ダンドゥット エルフィ・スカエシ 恋のフーガ 久保田麻琴 君恋し インドネシア

trackback --    Comment(2)
この記事に対するコメント

trance tranceさま

こんばんは! 記事紹介有難うございます。

「君恋し」の件、発音が似ているな、とは思っていましたが、
勉強になりました。自分はインドネシア語とジャワ語の区別もつきません(笑)
インドネシアにはまだまだ面白い音楽がありそうですね。
【2008/05/07 22:31】
URL | シャケ #sZs0QYOw [ 編集 ]

シャケさん ありがとうございます!
インドネシア音楽、またシャケさんの目利きで発掘して紹介してください。よろしくお願いします。ジャワ語とインドネシア語の区別、私も、もちろんつきません。ちなみに「バリポップ」で紹介しているTrio Januadiの歌詞はバリ語も混じっているようですよ。
【2008/05/08 00:29】
URL | trance_trance #mUq88ZHE [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。