アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
バリポップ★Movie008
2008/05/06 23:12 [Tue]
category:Movie
ダンドゥットを書いたので、引き続きというか、YouTubeで気になっているバリの少年隊?「Trio Januadi」のPV。「Putri Bali Sujati (純真なバリの女性?)」という曲で、お祭りの日にクバヤを来て通り過ぎる可愛い子ちゃんに正装の男性の目が飛び出る古典的な演出など、見どころ満載。

ダンドゥットというよりもアジア歌謡?ガムランは映像だけだけど、メロディーやハモりにちょっとガムランテイストが入ってる(ような気がしなくもない)。このグループの情報が無いので、詳しいことはさっぱりだが・・・。


Lagu Bali Putri Bali Sujati - Trio Januadi
Attention! The YouTube addict

このグループ「sasih kesanga」という曲もヒットしたよう。
sasih kesangaというと、nyepiの直前。歌詞の意味がさっぱりとれない語学力なのだけど、大晦日というか、さしずめ「クリスマス・イブ」的センチメンタルを歌った曲なのかな?歌詞の中に「オゴオゴ」とか、「ニュピ」とかが出てきて内容が気になるところ。

sasih kesanga trio januadi

ペンジョールはためくチャンディ・ブンタル(セット?)の前で歌う曲が個人的には面白いと思う。宮廷音楽風のメロディーから始まって、途中なぜかレゲエテイストも入ったりして、ハモりもいい。ただ、この映像を見ると、女性は一気に応援する気力を失ってしまうかも・・・URLのみに。
Trio Januadi - Kenalan Yuk

前記事「エルフィ・スカエシ」の全盛期は1970年代中盤~1980年代中盤だそうで、またしても1970年代。アジアの好奇心の謎を追究する上で、個人的に1930年代、1970年代と重要年が来ているので、次は単純に40年プラスして2010年代にキーワードがあって、それを絶対リアルタイムで体感しようと考えているのだが(笑)・・・
Trio Januadiあたりへのベクトルには無さそうか?な。

よく知らないアジアン・ポップスについては、恥ずかしいのでここまでに・・・。

★ANAで行く
沖縄島旅
ベトナム
タイ・カンボジア・ネパール
台湾
スポンサーサイト

テーマ:ワールド・ミュージック - ジャンル:音楽

タグ : 1970年代 バリ島 Trio Januadi ニュピ ガムラン アジアン・ポップス

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。