アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
inspired'70sその2★CD007
2008/05/19 09:22 [Mon]
category:CD/DVD
1970年代にデビューしたいくつかの日本のミュージシャン(グループ)の活動には(個人的に)無視できない何かがあって、それがアジアへの好奇心と関連しているのではないかと思うというような未消化なことはすでに書いた。(inspired '70s★TP011

それは日本のミュージシャンに限ったことじゃなくて、1970年代ということで考えれば、彼らのアルバムデビューも1970年代やん・・・。コレクションの中でも、「好き」や「趣味」以上の何かがありそうな気がするんだけど、そこから先の言及にはなんともつながらないのでとりあえずならべてみることに。夢の涯てまでも・・・

1973年
Slapp Happy
Acnalbasac Noomでデビュー
acnalbasac noom

1977年
Television
Marquee Moonでデビュー
Marquee Moon

The Jam
In the Cityでデビュー
In the City

XTC
White Musicでデビュー
White Music

Talking Heads
Talking Heads '77でデビュー
Talking Heads 77

1978年
This Heat
This Heatでデビュー
this heat

そういえば、アジアへのフライト★TP003で書いたこのバンドも・・・ 
1971年
Roxy Music
ロキシー・ミュージックでデビュー
roxy music

※好きなアルバムとデビューアルバムのどちらを並べるか迷った末、1970年代という括りにするためにデビューアルバムの画像に。愛好家というわけではないので、特定のアルバムのみで、上記アルバムは聞いたことがないものも・・・。記載等の間違い、お気づきあればご指摘いただけると幸甚です。
スポンサーサイト

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

タグ : 1970年代

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。