アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
GamelanX★Movie011
2008/05/19 10:00 [Mon]
category:Movie
Gamelan X
2010年代の展開(!?)を考える中で、バリポップ★Movie008で「Trio Januadi」はどうやら違うかもというようなことを書いたが、個人的にはこっちではないか・・・という予感のグループがこれまたYouTubeで。「GamelanX」というアメリカのパフォーマンス集団。

なぜ「こっち」と予感するのかという説明というかバックグラウンドや詳しい情報は追々として、かなりかっこいいので、まずはPVと音を共有して欲しい。(このグループについて詳しくご存知の方、コメントいただけると幸甚です)

HPによる自己紹介は以下。

The Gamelan X “Bali-bass” groove ritual: dynamic, mesmerizing, and highly addictive.



Gamelan X (Promo 07) 
Attention! The YouTube addict.

昨年末にオリジナルCDもインディーズレーベル(らしきところ?)から出ている。HPからサンプルがダウンロードできるので、数曲ピックアップしてあげてみることに。(全て45秒程度)。
GamelanX 「SATU」
Hot-Crossed Bronze

Hanumans Leap

Mesfnar

Tryptich Mirage II


もっと聞きたい方はGamelanXHPへ。My Spaceにもページ有。
で、もしお前の言う2010年の展開って何や?と思っていただいた方は以下の記事をご参考ください。まだまだかなり荒削りで私的、抽象的かつ地域もバリ島限定なので、普遍性からはほど遠く・・・。

バリポップ★Movie008 
プーランク★TP012
inspired '70s★TP011
エスニック○○とは・・・★TP010
Map1970
熱狂が止まらない★TP008


レーベル?Earthville Market HPに掲載のレビューは続きを読むに。
The Music

What do you get when you alchemize the instruments of a Balinese marching gamelan with spicy flavors of Balkan and Middle-Eastern traditional music and the sensitivities of jazz, then fortify the grooves with drum set, brass, woodwinds, strings, synthesizer, and soprano voice, throw in several voracious composers, and set them free at Burning Man?

File under: (Out of This) World Music!

The Artists

Known for their phenomenally ecstatic and engaging live performances, Gamelan X is an ensemble of gifted American performers deeply inspired by the musical traditions of Indonesia, and yet too wanderlusty to confine themselves to any one genre. In their debut studio album, SATU (which means "one" in the Indonesian language), Gamelan X takes us on a rhythmic and melodic pilgrimage through an impossibly variegated musical landscape.

The core of the ensemble is built around the instruments of the beleganjur (Balinese marching gamelan), undergirded by analog synth bass, drum kit, and various auxiliary percussion. Interlocking patterns played on dozens of bronze gongs (ranging from a few inches to several feet in diameter) form the through-line of this wildly eclectic 67-minute sound-world odyssey. Over, under, in, and around these klanging, sparkling textures are woven sinewy string and woodwind melodies, punchy horn lines, extraterrestrial electronic textures and, just when you least expect it, a haunting, nearly-wordless lyric soprano that breathes otherworldly humanity into the mix.

What does the "X" stand for? That's one of life's great mysteries. One thing's for sure, though: you would have to travel light years to find anything remotely like this delightful record.
スポンサーサイト

テーマ:ワールド・ミュージック - ジャンル:音楽

タグ : GamelanX 2010年代 ガムラン バリ島

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。