アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
116歳のアーティスト★Movie014
2008/06/04 23:52 [Wed]
category:Movie
I Gusti Nyoman Lempad(1862-1978) え、116歳!?の映像。生前のインタビューと盛大な火葬の映像も。つまり、1978年の映像ということか?


visiting a 116 year old man
Attntion! The YouTube addict.

このおじいさん、バリ島の有名なアーティストで、ヴァルター・シュピースとルドルフ・ボネが1936年に作ったピタ・マハ画家協会の一員だった。
映像の途中で、いくつか作品も出てくるが、バリ島のウブドの美術館にも。
ARMA所蔵作品ページ
NEKA所蔵作品ページ

ピタ・マハ画家協会とは・・・

このバリ人のための芸術家組織は、シュピースとボネにより1930年代の初めから考えられていたもので、ウブドとその周辺に住む画家たちを一つにまとめ、観光客用の絵画の量産による質の低下を防いだり、展覧会の開催や作品価値の適正化、販路開拓などの方法によるメンバーの援助を目的としたものだった。
(伊藤俊治著 『バリ島芸術をつくった男―ヴァルター・シュピースの魔術的人生 (平凡社新書)』)


・I Gusti Nyoman Lempadについて・・・

The most important of these is I Gusti Nyoman Lempad, master craftsman and architect of the court of Ubud, designer of monumental gates, carver of temple and palace walls, maker of barongs and the towers and bulls for cremations, He was sixties when he got his first piece of paper from Walter Spies when designing and helping to build the latter's house at Campuan.・・・(Hans Rhodius and John Darling
"Walter Spies and Balinese Art")


・映像のコメントは以下。Ring of Fire シリーズって?

Lawrence and Lorne Blair visit the then 116 year old artist I Gusti Nyoman Lempad from Bali. The artist then proceeds to die a conscious death on the day of his choosing. This footage comes from The Ring of Fire series.

スポンサーサイト

タグ : バリ島 1970年代 1930年代 ヴァルター・シュピース ルドルフ・ボネ

trackback --    Comment(2)
この記事に対するコメント

I Gusti Nyoman Lempad…ヴィッカーズの『演出された楽園』にも名前が出てくる高名な芸術家なんですね…(第4章)
その註(23)によれば、「Lempadの生涯については,次の映画を参照。 John Darling & Lome Blair, Lempad of Bali, Australian
Broadcasting Corporation/Australian National University Production, 1980.
」とあるので、
映画もあるのか…そこで、YouTubeの映像はその一部かと思いきや、
Ring of Fire: East of Krakatoa
http://www.amazon.com/Ring-Fire-East-Krakatoa/dp/B00000I1TH
の一部なのですね。全部見てみたい。

また、Michele Stephenの『Desire : Divine & Demonic』にはこんな記述がありました。
「カラの誕生を表象することは比較的まれで、カマサン(古典的なバリの)絵画に見られるくらいである。たとえば、フォルジュ(1978年、13頁)を参照。有名なバリ人の芸術家ルンパッドによる素描には、ヤコブ・フーイカスの論文(1961年)に再録されているが、シワとウマが片側にカラをつれて牛に乗っている様子が描かれている。フーイカスはかなり異なった解釈をしているが、ミルディアナはルンパッドの素描がカラの誕生を表象していると信じている。
その素描では、カラはカカヨナンを持っていて、この宇宙樹は影絵人形劇の上演の開始を徴づけている。 フーイカス(前掲書、278頁)は、この詳細がルンパッドの奇抜性や書かれたテキストに精通していないことの表れだとみなしている。 ミルディアナの見解は、カカヨナンとはカラの誕生の隠喩であるというものだ。 『カラ・プルナ』のなかの物語によれば、シワとウマは牛に乗って地上に降り、カラがクマラを喰おうとするのを阻止しようとした。それゆえ、ルンパッドの素描はその際の対決に言及しているのかもしれない。しかしながら、わたしにはそうは思えない。というのも、明らかにシワとウマはルンパッドによって官能的な抱擁に描かれており、シワは配偶者の胸や外陰に触れているからである。この官能的な遊戯は、『カラ・プルナ』に描写されているような、カラとその配偶者との邂逅に一致しているのではなくて、明らかに『カラタトゥワ』になかのカラの受胎と誕生について物語に一致している。」

それにしても「Walter Spies and Balinese Art 」は高い…んー
【2008/06/05 23:57】
URL | candoli #rDYI5dHo [ 編集 ]

ありがとうございます
Candli様
ご訪問、コメントありがとうございます!!
Ring of Fireは、有名なシリーズなのでしょうか?私もぜひ見てみたいです。ルンパッド翁もいろんな方が言及されているんですね。貴重な和訳、ありがとうございます。
画集は、随分前にバリでRp47,300で買いました。当時とは物価が随分違いますが、今のレートで換算すると1000円切る?!
【2008/06/06 16:36】
URL | trance_trance #mUq88ZHE [ 編集 ]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。