アジアの好奇心~KajengKliwon
アジア(とりわけ島)はなぜ好奇心をかきたてるか?その疑問を追究したいと思います
ブログ内検索

気になるワードで検索ください

ex)ヴァルター・シュピース

カテゴリー

★ブログランキング参加中。何か感じたらクリック下さい!

★こちらもよろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
★コメントもよろしく!!

最近の記事

ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

プロフィール

trance trance

Author:trance trance
アジアに惹かれるこの感覚をネット上のメディアなども使って具体化、普遍化させるべくブログに取り組んでいる。目標300記事。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

勝手リンクです。ご不都合な方はお手数ですがメールフォームよりご連絡下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

スポンサーサイト
--/--/-- --:-- [--]
category:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

trackback --  comment --
祭礼の楽しみ01★TP019
2008/06/12 12:03 [Thu]
category:Time & Place
bali.jpg

バリ島の祭礼では、きれいに着飾ったお姉さんたちを見るのも楽しみの一つ。自慢のサロンに色とりどりのクバヤ、キリッと纏めた黒髪、姿勢が美しい彼女たちが本当にステキに見える。日本で言えば、喪服や留袖姿の女性の美しさに近いと思う。

さて、デザインやディテールの変化はあると思うけど、この祭礼時の女性のスタイル、いつ頃から?知る限りで言えば20年は変わってないけど、1930年代頃の写真を見ると、女性も男性も上半身は何も着衣していない。

インドネシアの織物文化の現状について、インドネシア情報局さんがご紹介されていました。とってもきれいなイカットの画像など。

以下書籍は備忘録として・・・
Batik: Design, Style, & HistoryBatik: Design, Style, & History
(2004/11/15)
Fiona Kerlogue

商品詳細を見る

Balinese TextilesBalinese Textiles
(1997/05/15)
Brigitta Hauser-SchaublinMarie-Louise Nabholz-Kartaschoff

商品詳細を見る

The Nyonya Kebaya: A Century Of Straits Chinese CostumeThe Nyonya Kebaya: A Century Of Straits Chinese Costume
(2004/10/15)
Datin Seri Endon Mahmood

商品詳細を見る
スポンサーサイト

タグ : バティック 祭礼 クバヤ

trackback --    Comment(0)
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。